国際

DDoS攻撃とは?ウクライナの政府機関を不能にした大規模サイバーって?

23日にロシアからと思われるDDoSによる大規模サイバー攻撃で ウクライナ の 政府機関、金融機関、防衛部門のウェブサイトがアクセス不能になった。


ウクライナの政府機関を不能にしたDDoSサイバー攻撃とは

ウクライナの政府機関を不能にしたDDoSサイバー攻撃とは、DDoS(Distributed Denial of Service:分散型サービス拒否)
分散型サービス拒否とはウェブサーバーの処理能力を超えるへ大量のアクセスを行いウェブサイトへのアクセスを不能にする攻撃です。

具体的には、ウェブページのリロードを繰り返すことで行うことができます。
中国は以前これを大量の人員をつかいF5(ブラウザのリロード機能)を叩きまくっていましたが、最近はプログラムで自動的にリロード(と同様のサーバーに負荷をかける事象)を行うプログラムでDDOS攻撃を行っています。


中国ロシアの共闘による第三次世界大戦

中国とロシアは、現在サイレントウォーで第三次世界大戦をはじめています。

世界の民主国家と共産思想の中国ロシア、そのほか共産側には、グローバリズム勢力’(ビルゲイツを筆頭にした世界金融勢力、マフィアなど)、ドイツ、アフリカなどの国が参加しています。

ただし、便宜上「国」とかきましたが、実際は中国、ロシア以外の勢力は、国ではなく団体や政党だったります。

したがって、今回のウクライナへのDDOS攻撃は、ロシアそのものではなく、中国のサイバー部隊の仕業とも考えられます。


ウクライナの政府機関を不能にしたDDoSサイバー攻撃の目的

中国が現在得意としている戦略は、「サラミ戦術」と言われるもので、「サラミを切る」ように、、一気に反撃されない程度に少しずつ相手側を切り取る戦術です。

攻撃が薄いので結局のところ「遺憾砲」や「抗議」程度でしか対応できません。

中国、ロシアの意図がわかっているいるのだから、本来は、具体的な物理的な反撃をしなければいけないのですが、世界世論からの非難(これも中国、ロシアによるもので本来気に気にするべきものではなく、正しい情報を発信すれば非難の意味がなくなる)を恐れて(基本的に日本政府秘湯に中国、ロシアに加担する勢力が牛耳っているのでそれらの抵抗もある。現在の日本の場合、岸田が財務省官僚に囲まれ、低脳なぼっちゃんぼっちゃんやってるため事態は深刻だ)、国民への仕事してますよアピール目的で「遺憾」「抗議」を行うしかしていません。


ウクライナの政府機関を不能にした目的の考察

ウクライナの政府機関を不能にしたDDoSサイバー攻撃は、大量のウェブサイトアクセスによってウェブサイトの閲覧をできなくすることです。
政府機関などの国民への情報の発信を遮断することで国民に正確な情報を伝えられず、以前あった国民が知らぬ間に気が付いたら国を占領されていたという状況になります。

中国、ロシアのサイバー攻撃によりウクライナはいつでも支配下に置くことができるはずです。
しかしながら中国、ロシアも民主主義国家の反撃を恐れ、たぶん、現実的に実行する可能性は極めて低いと思われます。

一つはサラミスライスによる攻撃の一環であり、威嚇だと考えられます。
では、なぜ威嚇する必要があるのでしょうか?

中国、ロシアの共闘により、世界の目をウクライナにむけさせることでアメリカの警戒をロシアに向ける。
その隙に中国が台湾、沖縄、南西諸島へ侵攻(さらなるサラミスライスをしかける)などを行っているのではないでしょうか?


ウクライナの政府機関を不能にしたDDoSサイバー攻撃まとめ

DDOS攻撃とは、ウェブサーバーに大量のアクセスを送りウェブサーバーを閲覧できなくする戦術です。
その目的は、サラミスライスによる侵略と威嚇、目くらまし。
最終目標は、中国の世界支配。ロシアのソビエト復活。

現在、中国とロシアの目的は一致しています。ですが、この先対立することは明らかです。実際今現在中国とロシアは対立しています。
結果、中国、ロシアは最終目的を達成することは不可能でしょう。実は、それは織り込み済み。台頭してくるのはグローバリズム勢力になります。
グローバリズム勢力もまた、中国、ロシアを利用しているにすぎません。

ですが、サラミスライスが小さく成功を重ねていけば、グローバリスト、世界富裕層、世界金融世界を支配し、他の人々は彼らの奴隷になってしまいます。
なので、今間に合ううちに手をうっておかなければいけない状況にあることを自覚する必要があります。
政府の「遺憾砲」をまたかよで済ませず、徹底的な非難が必要です。そのためにはネットでの情報発信力を高めていく必要があります。
情報発信力は、個々がSNSなどのネットで情報を発信してゆくことで強化していくことが可能になります。

スポンサーリンク

関連記事一覧